腸美人は肌美人

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

醍醐の研究

京都の大谷農芸研究所で始まった醍醐の再現により
昭和の前期に様々な産業に発展しました。


まずはエリーという日本発のヨーグルトが誕生しました。

そして陸軍の指定薬品になったり
また、薬品のビオフェルミンノ誕生に貢献し

様々な研究者がかかわり
シロタ株のヤクルトもこの時期に誕生しています。


そんな中、この研究をヨーロッパに持ち込んだ研究者の一人がカルピスを…


このように日本の乳酸菌関係の分野の始まりが《醍醐》からのスタートだったのです。


醍醐の醗酵には人由来の菌の嫌気性培養なので
非常に難しいものだったようです。


2種・4種・8種・12種…と増えていきます。


最終100種まで培養は可能になりました。


培地も様々で、乳清・大豆・豆乳・黒糖・砂糖大根などなど


価格も昔は家が一軒建つほどといわれていたものを、随分お手ごろになってきました。


スポンサーサイト

善玉菌の役割

善玉菌と言っても腸内の善玉菌は、ヨーグルトの菌とはまったく異質な生態をもってます。

嫌気性菌(酸素に触れると死んでしまう)なのです。
ヨーグルトの菌は酸素へっちゃら」なんですね

善玉菌は、腸内に入ってきた食べ物を発酵します。
分解して合成して腸壁から吸収させる為に…

作業的には悪玉菌と同じなんですが、身体に良い物質を作り出します。
善玉菌の代謝物です。

例えば【米】は糖質と言われています
昔は炭水化物。
唾液で糖質に変化し、腸内で善玉菌によって分別されます

糖の鎖を切って吸収させたり
鎖を残して排泄させたり
有機酸(アミノ酸)に切り替えて吸収させたり

肝臓や腎臓や膵臓とのやりとり(ホルモン分泌量を察知し)で
その人に必要な分だけ上手に区分けしているようです。

善玉菌の代謝物をわかりやすい言葉にして表すなら

アミノ酸
ホルモン
ビタミンB・C
核酸
ギャバ
エンザイム
コエンザイム
SOD
糖鎖
ミネラル
などなど…
数万種類の人に必要な成分を作り出します。

実際にクロマトグラフィーで取り出したデータを見ましたが
機会が壊れてるのかと薬学の教授たちが間違えるほど
ギザギザが沢山でA4の用紙4枚分びっしりでした

これらが全部、人に必要な自然が織り成すモノなんです
神秘としか言いようがありません。
プロフィール

ピンククレイ

Author:ピンククレイ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。