腸美人は肌美人

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

醍醐の研究

京都の大谷農芸研究所で始まった醍醐の再現により
昭和の前期に様々な産業に発展しました。


まずはエリーという日本発のヨーグルトが誕生しました。

そして陸軍の指定薬品になったり
また、薬品のビオフェルミンノ誕生に貢献し

様々な研究者がかかわり
シロタ株のヤクルトもこの時期に誕生しています。


そんな中、この研究をヨーロッパに持ち込んだ研究者の一人がカルピスを…


このように日本の乳酸菌関係の分野の始まりが《醍醐》からのスタートだったのです。


醍醐の醗酵には人由来の菌の嫌気性培養なので
非常に難しいものだったようです。


2種・4種・8種・12種…と増えていきます。


最終100種まで培養は可能になりました。


培地も様々で、乳清・大豆・豆乳・黒糖・砂糖大根などなど


価格も昔は家が一軒建つほどといわれていたものを、随分お手ごろになってきました。


スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

ピンククレイ

Author:ピンククレイ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ヘルス・ダイエット
21069位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アンチエイジング
3737位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。